不動産会社の資本金はどれくらいがよいのか

不動産会社に限らず、会社を設立される方なら誰しも悩む問題ですが、はっきりした答えはないとも言えます。

実際、法律上は資本金1円でも会社を設立できてしまいます。しかし、本当に資本金1円で会社を作ったという方はあまり聞いたことがありません。

それはなぜでしょうか?

資本金を決めるポイント

資本金の金額については、次のような場合に意識すると思われます。

  1. 他社に自社の登記簿謄本を提出するとき。
  2. 会社のホームページに資本金の額を記載するとき。
  3. 融資を申し込むとき。

1.について、大手企業と取引する際に、登記簿謄本の提出が必要となる場合があります。もし資本金○百万円以上でないと取引を開始できないといった条件のある企業と取引したい場合、足りていなければ増資して資本金額を増やさなければなりません。

2.について、必ずしも自社のホームページに資本金額を記載しなくてもよいのですが、もしそれなりに大きな資本金額でしたら、載せておいたほうが見てくれた人に安心感を与えられるかもしれません。

融資を申し込むなら

3.の融資の申し込みを検討しているなら、資本金はかなり重要になってきます。

目安としては、300万円はほしいところです。

会社法が施行される前は、有限会社の最低資本金は300万円でした。長い間、資本金300万円で設立した多くの有限会社が創業融資を申し込んできたため、300万円は公庫や信用保証協会が審査する上で慣れている資本金額といえます。

不動産会社なら300万円以上はほしい

また、すぐに債務超過にならないためにも300万円は必要です。不動産会社では、保証協会利用でも宅建業免許の取得に必要な費用が200万円弱かかり、それに事務所の賃借にかかる費用や、備品の購入費用などを考えると300万円近くは創業時に必要となります。

このような前提で考えると、例えば資本金50万円で会社を設立しても、結局追加で250万円近く出すことになります。そして、この250万円は会社から見ると社長からの借入金(つまり負債)なので、もしその時点での決算書を作成したら「債務超過」ということになってしまうのです。実質は同じでも、資本金をいくらに設定したのかで、債務超過なのかそうではないのかが違ってきてしまいます。

債務超過だと、審査上かなり不利になってしまいますので、それを避けるためにも、不動産会社だったら300万円以上の資本金で設立したいところです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ戻る